FC2ブログ
官能の帝國
風俗・美術評論家、若山健蔵の官能ブログ。 ヰタ・セクスアリスを語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロッシング
 
 珍しく一般のサラリーマン並に早朝に目覚めた私は、

以前から気になっていた韓国映画、『クロッシング』を観る為に

アメリカ村のビッグステップ内にある映画館に赴いた。

 各メディアでその伝聞に触れる度、ぜひ観てみたいという想いが募っていたのだった。


 平日の昼間というのに結構な入り、この映画の評判の高さを感じた。

 内容は現代北朝鮮に暮らす家族の物語。

重い内容であるにも拘らず、オーソドックスな語り口のやさしい作品。

少し言葉が分かる私は、字幕のある事すら忘れてしまっていた。

 国境、体制、家族、イデオロギー、貧困、格差、人の運命、サッカーというスポーツ、、

様々なことが胸を過ぎっていく。

仕舞いには、私がもっと体制打倒の為に働かなければ、、

人々の苦悩を大量生産し続ける、あの為政者を一刻も早く除かなければ、、

などと思い詰めていた。

 北朝鮮国内の現状を、ニュースや新聞記事では知り得ても、

私は其処で暮らす人々の心情に、いかに近づいていなかったかを感じざるを得なかった。

 若い頃から映画に感じていた力強さを、この映画は再認識させてくれた。

 
エンディングロールには、ハングルもキリル文字も、英語も並んでいる。

 
 そう、映画に国境は越ない。

 
 私は持てる力をもって、この映画を啓蒙して行こうと心に誓ったのであった。


 映画『クロッシング』オフィシャルサイト http://www.crossing-movie.jp/


シネマート心斎橋http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/index.html
※シネマート心斎橋では、6月25日まで上映だそうです。


プロフィール

若山健蔵

Author:若山健蔵
大阪市在住。
オフィス・ブルースタイム所属。
美術評論家。
趣味は、アロマ・テラピー。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。