FC2ブログ
官能の帝國
風俗・美術評論家、若山健蔵の官能ブログ。 ヰタ・セクスアリスを語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『盲獣VS一寸法師』
盲獣VS一寸法師 盲獣VS一寸法師
リリー・フランキー (2004/10/29)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る



 日本カルト映画の巨匠と呼ばれる、石井輝男監督の遺作となったこの作品。
 
 江戸川乱歩原作の、名探偵、明智小五郎モノである。

数々の残酷とエロ描写が、映画全体を覆っている。

 私はDVDで見たのだが、その作風にハマってしまった。

 何よりも、映画表現の自由さを感じたのである。

 得てして、インモラルなつくりの作品は、やれ犯罪を助長する、風俗を乱す、、などと槍玉に上げられるものである。

 かつて石井監督も、そのような非難に曝されたことがあった。

 しかし石井監督は、あくまで創作活動の自由性を主張、私も全く同意見である。

 今でも、よく犯罪者が『マリリン・マンソン』を聴いていた、エロ雑誌やDVD、ビデオを所有していた、、、などと、ワイドショーなどで語られる。

 しかし犯罪者は、どんなものからでも影響されるもので、結局個人の資質の問題に還元されるのである。

 何より映画は夢と同様、魂の解放区なのだ、と私は考えている。

 どんなに否定しようと、人間の本質には『エロと暴力』は深く関わっている。

 それを上手く制御するのが、人の最も重要な部分であり、

ただ黙殺してフタをするだけでは、決して解決しないものであることは、これまでの歴史をみても明らかだ。

 なおDVDには、撮影現場のドキュメントも挿入されていて、

若いスタッフたちと、愉しげに制作する石井監督の姿が感動的だ。




 
Amazon.co.jpのネット販売について。
ネット通販の最大手、Amazon.co.jpでお求めのモノを注文したら、ものすごく迅速に到着したので驚きました。(ホンの2,3日だったように、記憶しています。)
中古品と新品があるようなので、カートに入れる前によく確認しておきましょう。

 

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kennzouwakayama.blog107.fc2.com/tb.php/2-f1b0b00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

若山健蔵

Author:若山健蔵
大阪市在住。
オフィス・ブルースタイム所属。
美術評論家。
趣味は、アロマ・テラピー。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。